So-net無料ブログ作成
こんな症状に ブログトップ

こんな症状に [こんな症状に]

効果、効能
疲労回復、血行をよくする、筋肉のこりをほぐす、筋肉の疲れをとる、神経痛、筋肉痛の痛みの緩解、胃腸の働きを活発にする。
イトオテルミー療法は、身体の様々な症状に対して適用されます。

健康維持のテルミー
病気を未然に防ぐために、日々、全身にテルミーをかけることが健康維持につながります。

代表的な適応症状
全身症状発熱、微熱の継続、不眠、疲労、むくみ、
冷え、二日酔い
頭・顔の症状頭痛、目の疲れ、鼻がつまる
胃腸の症状胃のもたれ、便秘、下痢
首・肩・腰の症状肩のこり、腰痛
手・足の症状肘の痛み、手首の痛み、膝の痛み
皮膚の症状皮膚のかゆみ、吹き出もの
心が関係する症状イライラする、食欲不振
外傷すり傷、切り傷
 

ご相談・ご予約の際、医師より受けた診断名・症状などをお知らせください。
イトオテルミー療法は80年以上の歴史があり、様々な病気・症状を改善してきた実績がありますが、誇大広告を避けるため本部よりホームページ等への症例掲載が禁止されております。
個別に症例をお伝えする事は可能ですのでご相談下さい。


※イトオテルミー療法を過信しすぎず、医療の適期を失わないことが大切です。
  症状の継続または増強が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けましょう。


但し、以下のような場合にはイトオテルミー療法は受けられません。

〇症状
 ・吐血(消化器系から出血した血液を嘔吐すること)や、
  喀血(呼吸器系から出血して吐き出すこと)のあるとき
 ・脳卒中で昏睡しているとき
 ・病名が不明で症状が重篤なとき
 ・原因不明の高熱が持続しているとき
 ・全身の衰弱が著しいとき
 ・その他、重篤な疾患により医師から絶対安静の指示を受けているとき


〇疾病
 ・骨折、脱臼
 ・感染症
 ・悪性腫瘍(癌など)
  ※但し、医師が了解の上、被施術者と家族の同意があれば実施して差し支えない。


〇施術部位
 ・眼部、耳腔、口腔、鼻腔、会陰部、その他の粘膜部







Instagram Follow Me
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
こんな症状に ブログトップ




Instagram Follow Me